◆輝け!土木女子!

 

今、建設業は男性だけでなく、女性も活躍できる場となってきました。
ここでは、原川土木で初めてとなる女性技術者(M美ちゃん)に建設業の魅力を語ってもらいました!

 


 

子供の頃、よく父と母の仕事場に顔を出していました。その建設現場に並んでいる重機やトラックが動くのを眺めているのが好きだったのは、今でも覚えています。

時々停車中のトラックの助手席に座らせてもらえるのが楽しみで、でも本当は運転席に座りたいな、と子供心に思っていました。そのことがきっかけで、建設現場に興味を持つようになりました。

男性的なイメージの強い職業に見えますが、今はどこの現場でも周辺の環境美化に気を配っていますので、女性の細やかな気遣いも必要になってきています。ご協力いただく地域の方々への配慮もあり、クリーンな環境づくりにも精力的なので、女性的な感覚は生かせると思います。

現場の稼働はほとんどが日中になります。その時間にお家にいらっしゃるのは女性が多いので、現場に女性がいると声を掛けやすい、と言っていただくこともあります。男性と並んで仕事をするのは大変なことも多いですが、そんな温かい言葉を頂くときは、少しだけ得した気分になります(笑)

 



M美ちゃんはご両親が建設業に携わっていることもあり、それほど抵抗はなかったようです。
初めて担当した現場が稼働してからは、忙しそうにしながらも毎日楽しそうでキラキラしていました。その現場も終わりを迎え、ひと段落。土木施工管理技士資格も取得し、益々の活躍を期待しています!


原川土木では女性技術者の採用も積極的に行っていきたいと考えております。
職場見学等も希望があれば行いますので、気になった方はお問い合わせください。
お待ちしております(*´▽`*)